2007年06月26日

LAMY2000のBは太い

LAMY2000のBは予想以上の太字です。

LAMY200BペリカンM205のBよりも滑らかで滑りやすく、フローも太さも良い気がします。ニブの金と鉄の違いも感じられます。

もともと私は字が大きいので、Bなんて使うと書道みたいな大きさになってしまうのですが、つらつらと頭に浮かんだ構想をメモ書きするにはもってこいのペンですね。

なお、私が書く限りでは線の縦横で太さの違いはあまりないように感じられます。ただ、微妙な力のいれ具合で強弱を付けることはできるようです。

ちなみに左側の「松山市」がLAMY2000です。

噂に聞くところによると、ペリカンのスーベレーンになると同じBでもイリジウムの形状が異なるために、また書き味が違うとのこと。うーん、また悩みが増えてしまいそうです。 

posted by pelikan at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | LAMY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45953590

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。