2007年08月01日

万年筆クロニクル

ちょっと本業が忙しくて更新が滞っていました。

週末に届いた新刊 万年筆クロニクル。まだちょっと目を通した程度ですがかなりボリュームがあります。ちょっと万年筆の達人とかぶるような気もしますが、同じ著者(本書では共著)である古川浩一氏によるもです。

内容はクロニクル(年代記)にふさわしいもので、万年筆の歴史や構造、内外ブランドの物語、そして人物伝と豊富です。さらに共著のすなみまさみち氏のものだと思いますが、各時代のカタログや資料の数々は見ているだけで楽しくなってきます。

「辞書代わり」として愛好家には必須の書籍だと思います。

posted by pelikan at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。