2007年09月06日

譲ってもらった146は1970年代のようです

前回のエントリで挙げましたモンブランの146ですが、様々な方からコメントやメールを頂き、どうやら1970年代のもではないかという結論に達しました。みなさんご協力ありがとうございました。

判断の決め手は次の通りです。

  1. ニブの色がバイカラーではなく金一色で、14Cの刻印
  2. インク窓に縦縞がない

146は1950年代を最後に一旦姿を消し、1974年に復活したそうです。現行の146のデザインは1950年代を懐古したものになっています。

1970年代及び1980年代についてはあまり外観に差がないようで、ニブの刻印が決め手になるようです。

  • 1970年代 最初は18Cだったが後日14Cが登場した
  • 1980年代 14Kに刻印が変更された

ただ、上記の変更が具体的にいつ頃行われたかが不明ですので、私の146については1980年代初頭の可能性も残ります。

私に譲ってくれた方は4年ほど前に入手したが、あまり使わなかったとのこと。その人もきっとどなたから譲られたものなのでしょう。いずれにしろさすがは「万年」筆です。30年前後経過して、少々金メッキにキズ等はありますが、それ以外は全く問題ありません。

肝心の書き味ですが、ニブが大きめでペンポイントまでの距離が比較的長いためでしょうか、よくしなって柔らかめの感じを受けます。以前入手したペリカンM1000と同じく「とめ」や「はらい」までしっかり書けます。軸はM1000より細く、というよりあちらが太すぎるのですが、私の手にしっくりと馴染む気がします。もしかして、もしかするとM800もこんな感じなのでしょうか :-)

posted by pelikan at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モンブラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。