2007年09月21日

飛行機と万年筆

飛行機に万年筆を持ち込むとインク漏れするとよくいいます。

国内の旅客機の場合、客室内は0.8気圧に保たれているようです。飛行機に乗ると耳が痛くなるのもこのせいです。もしポテトチップスを持ち込むと、袋が風船のようにパンパンに膨らむことでしょう。気圧が下がれば空気は体積を増すためこのような現象が起きるわけですが、万年筆内の空気も同じ影響を受けますから、結果としてインク漏れが発生しやすくなります。

インク漏れを抑えるために、ペリカンのスーベレーンのような吸入式の万年筆の場合はあらかじめインクを満タンにしておくのがよいと言われますが、気圧の降下は液体も影響を受けますので万全ではないと思われます。面倒ですがタンク内のインクを空にしておくのがベストかもしれません。カートリッジ式の場合も同じで、乗り込む前にカートリッジを外しておく方がいいでしょう。

ところで私の経験上の話ですが、ボーイングの777や767で国内移動する際にインク漏れを起こしたことは今のところありません。かなり客室の気密性が良いのではないでしょうか。逆に、ジェット機よりも低い空を飛ぶ(その分外気圧は地上に近い)プロペラ機でのトラブルが多いです。先日も名古屋まで今話題のボンバルディアでしたが、到着後打ち合わせでメモをとろうと万年筆を握ったところ手が真っ青になってしまいました。

もともと毛細管現象という物理現象を利用した万年筆なので仕方がない話ではありますね。そしてそこがかわいらしいわけですが :-)

posted by pelikan at 19:21| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
万年筆の話題、いつも見てます。

で、飛行機に持ち込むのは、ケノも実験を
やりました。ペン先を上に向けておけば、
大丈夫でしたヨ。
Posted by ケノ@モナ丼 at 2007年09月21日 22:03
ケノさん、はじめまして。

なるほど、上向きに立てておくのは手ですね。気圧だけでなく重力の影響もあるわけですから。

私は出張でノートPCを携帯するため、カバンはいつも足下に置くのですが、そうするとペンは床に平行に置いてしまうことになります。今度無理矢理上向きにして試してみます。

情報ありがとうございました。
Posted by 頑P at 2007年09月23日 11:27
ケノです。

万年筆を2〜3本用のペンケースに入れて、それをカバンの
携帯電話用のポケットに入れておくと常に上向きですヨ。
Posted by ケノ@モナ丼 at 2007年09月26日 07:26
ケノさん引き続き情報ありがとうございます。

近々では来月北海道行きがありますので、試してみます!
Posted by 頑P at 2007年09月27日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56479825

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。