2007年10月17日

西条酒祭りでの発見

週末は広島県東広島市の酒祭りに行ってきました。

実は嫁の実家がこ東広島市西条にあるため、去年も出席。日本中の日本酒が集まって試飲できるコーナーや、地元の造り酒屋が一般客に開放され、ほんとうに大人のためのお祭りになるのです。幸い嫁の実家がお祭り会場の目と鼻の先にあるため、飲んでは休み、休んでは飲みの楽しい一日になりました。きっと来年も行くんだろうと思います :-)

さて義父は定年退職を機に、酒蔵通りの観光ボランティアを始めていまして、今回のお祭りでも二人で酔っぱらいながら古い建物などの講釈を聞いていました。 

IMG_0104

 

そんな観光ガイドの一つとして、マンホールの説明もあるのだそうです。上の写真は東広島市の新しいデザインになったマンホールの蓋。市の木と花である松とつつじがデザインされていています。でももっとよくみると中心から南北方向に万年筆のペン先が!。東西方向は鉛筆でしょうか。広島大学が広島市内から移転してきましたので学園都市をイメージしてこの意匠になったそうです。今回の広島旅行では文具店に立ち寄ることはできませんでしたが、ひとつネタを持って帰ることができました。

posted by pelikan at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61122044

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。