2007年10月31日

来年の手帳を注文する

 もうそういう季節なんですね。

システム手帳用に今年も日曜始まりの月間カレンダーを注文しました。
どうも私は月曜始まりのカレンダーが苦手なのです。だって事務所の壁や卓上のカレンダーはどれも日曜始まりですものね。それと基本的には土日休みの仕事ですが、お客さんの都合によっては出勤の場合もあるので、打ち合わせで来月の第何日曜日なんて会話もしょっちゅうです。でも何人かのグループで手帳を覗き込みながらスケジュールを調整しているようなケースでは、一般的な月曜始まりじゃないとトラブルの元かもしれませんね。

システム手帳用のリフィルで日曜始まりのタイプは種類も少なく、あってもすぐ売り切れてしまいます。私のように「日曜始まり派」の方は急いだ方がいいかもしれません。

実は私の会社では(私が管理者も兼ねているため)メールサーバにMicrosoft Exchangeを導入しています。Exchangeサーバではサーバ上にメールだけでなく予定表や連絡先を置いておくと会社だけでなく、自宅のPCからでもOutlookやWebを使って参照できる便利なソリューションです。モバイル環境でもWindows Mobileであればインターネット経由で同期することが出来るので、W-ZERO3[es]でいつでもスケジュールの確認や更新が可能なのです。

ですから仕事用に別途手帳が必要か?という問題があるのですが、やはりスケジュールを見渡せる「紙」というデバイスは優れものですし、仮の予定を埋め込むのにも便利なのです。

で、今年は上記の組み合わせに加えて、1日見開き2ページのリフィルも注文してみました。こちらは「予定」ではなく「結果」を記入することを考えています。言わば「日誌」でしょうか。仕事の量も年々増えてきていますし、それに反比例して記憶力も低下してしまっていますので、備忘録としての日誌をシステム手帳で記録しようと来年は思い立った次第です。

今年はこの日誌をモールスキンで記録していたのですが、サイズの問題や複数の手帳を一度に持ち歩くことに疲れてしまったので、「システム手帳」らしく、一冊で解決する方法を選ぶことにしました。

そうそう、肝心の手帳本体ですが、去年に引き続き、フィロファックスのリンドハースト、バイブルタイプを使う予定です。ジッパータイプなので中に何でも放り込んでおいて持ち歩ける点が気に入っています。ただし、来年は上記の一日見開き2ページのリフィルを挟むのでジッパーが締まらないかもしれませんね :-) 数ヶ月分だけ持ち歩くように分割するか、もっとリング径大きなタイプを探さないといけないのでしょうか。今回リフィルを選びに文具店を巡る時間がとれなかったため通販に頼りましたが、届いたらさっそく実験してみます。

posted by pelikan at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63679511

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。