2007年12月17日

今度は赤のサファリ

週末嫁と松山三越に行ったので文具コーナーに立ち寄ると、嫁の目の色が違います。どうやら嫁にボーナスが出たので強気のようです :-)

どうやら前々から気になっていたウォーターマンオーダスの試し書きをお姉さんにお願いした模様。でもつけペン状態で数文字書いてみて、自分の想像していた線よりも太かったとのこと。私も覗き見して十分細いと思ったのですが、もっと細いのがいいとのこと。女はわがままです(?)

デザイン的にオーダスは完全に女性用なので私はまったく興味がなかったわけですが、考えてみれば嫁がいたのだから私も試し書きぐらいしてみればよかったかなとちょっと後悔。まぁ購入することはないですが。

次に嫁が見つけたのは、セーラーのKAN。ペンクリニックでお世話になった川口明弘さんが自らの還暦を記念して発売された赤い万年筆です。ただ普通の赤ではなく、上品な朱色といったところでしょうか。これを観て嫁は急に「赤い万年筆が欲しかった」と言い出す始末。あれれ、そんな話は始めて耳にしたのですが。でも職場で使うのでここまで高級なペンは不要とのこと。

すると今度は同じくセーラーのコーナーに置いてあったプロフェッショナルギアのスリムミニに釘付け。そういえば黒のボディだけでなく、最近ブルー、イエローと一緒に赤が登場していましたね。これにかなり心ひかれているようでした。

ところが「これってコンバータ使える?」の質問に、「これはカートリッジ専用だね」と答えると急にテンションが下がったようです。

コンバータの話を持ち出す嫁も立派な万年筆マニアに育ったと思います :-)

で、最終的にはLAMY サファリの赤に落ち着きました。

あれれ、確か透明軸を持っていたと思うのですが、最終的には「あなただって何本も持ってるでしょ」の一言。

試し書きはしませんでしたが、EFなら十分細いということもわかっている様子。いったい我が家には何本のサファリと、そして何本のコンバータがあるのでしょう :-)

posted by pelikan at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73280421

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。