2007年12月27日

内外価格差

クリスマスに前から気になっていたシステム手帳のバインダーを注文したら欠品でキャンセルになってしまいました。

特に今すぐ必要、というわけではないので焦ることもないのですが、貯まったポイントを使い切ってしまわないといけない理由がありまして、毎晩無理矢理(?)物欲モード全開で調べていたところ、今さらながらfILOFAXの内外価格差に驚いてしまいました。

同社の各国のWebサイトを比較してみると、英国(ポンド)、米国(ドル)と日本(円)では2倍の価格差になっているではありませんか。もちろん日本で買うと割高という意味です。それとどうやら今では製造は英国ではなく中国で行っているようです。まぁ今どき中国が世界の工場になっていることは当たり前の話ですし、一律に中国製品全てがダメだというつもりもありません。私が飯を食っているIT業界のハードウェアなんて中国製以外の物を探す方が難しいですからね :-) でもやっぱりこの内外価格差はどうかと思います。

恐らくこの辺りの事情に詳しい方はすでにfILOFAXを卒業(!)されていたり、最初から眼中にない方もいらっしゃるのだろうと思います。

で、私ですがあの欠品事件(笑)さえなければfILOFAXを卒業できていたはずなのですが、ふと思ったのです。せっかく貯まったポイントを使用すれば、内外価格差を埋められるではないかと :-)

もちろん手帳カバーが仕事をしてくれるはずもないことは重々承知の上なのですが、どうしても形から入ってしまう、情けない性格なのです。新しいfILOFAXが到着次第、またここにエントリーします(苦笑)

posted by pelikan at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽天市場で万年筆を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。