2008年02月08日

キャップレス インクカートリッジ交換

キャップレスを使っていて、あれなんだかインクがかすれだしたなぁと感じて、カートリッジを確認してみるとちょうど使い切ったようで空でした。使い始めが購入時の昨年11月の中旬でしたから3ヶ月もったことになります。手帳へのメモ書きが中心で長文を書くことがないのですが結構持ちました。

で、今回もパイロットのブルーのインク

ああ、パイロットは「インク」ではなく「インキ」でしたね :-)

posted by pelikan at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パイロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

キャップレス活躍中

衝動買いしたパイロットのキャップレスですが、思いの外、大活躍しています。

仕事ではスーツを着ていますが、内ポケットにキャップレスを忍ばせておいて、メモが必要なときはさっと取り出してポンと押すだけ。このアクションがいいですね。普通の万年筆だとキャップを開ける必要があります。M400も小振りで内ポケットに最適なのですが、キャップを外すときにネジ切りがあるため、くるくるっと回す必要があります。これはこれで趣があるのですが、さっとメモをとりたいときにちょっと一呼吸発生します。ラミー2000サファリだとキャップを抜くだけですが、それでもキャップレスを知ってしまうと煩わしく思えるようになってしまいました。

ただしこれは仕事中の話。自宅でゆっくりと書き物をするときはキャップレスにはお休みしてもらっています。

あと飲みに行ってカウンターに座っているときにふと思いつくことがあったとき、それは仕事の内容だったり、連載のネタだったり様々ですが、そんなときもキャップレスロディア#11の組み合わせが最適です。ぱっとメモしてぱっと仕舞う。そしてビールを飲み直す。そんな感じです。

嫁には怖くて言えませんが、買ってみたもののお蔵入り(!)している万年筆が多い中、本当に実用的な一本に出会えたと満足しています。

posted by pelikan at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パイロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

パイロット キャップレス 限定オレンジ その2

前回に引き続きパイロット キャップレス 限定オレンジの話です。

私と同じく購入者である にゃっ太さん、ねこJさんからの情報によって下記のことがわかりました。

  • ペン先は18K。
  • 限定100本とは国内販売のこと。
    限定生産2007本のうち残り1907本は輸出。

情報ありがとうございました。
この辺、日本のパイロットのWebに情報がないですね。欧米向けのWebにはあるのでしょうか。

奇しくも国内限定100本中、3本の持ち主がここに集まった「濃い」話題になりました :-)

posted by pelikan at 12:11| Comment(6) | TrackBack(0) | パイロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

パイロット キャップレス 限定オレンジ

この秋限定で発売されたパイロットのキャップレス限定オレンジをゲットしました。

IMG_0041

 

いつも更新を楽しみにしている手帳とカバンのホームペーヂのねこJさんも大阪で入手したと最近書かれていますが、奇しくも同時期に私も地元松山の三越で手に入れていました。

もともとキャップレスにはあまり興味もなく、ただ限定オレンジの存在だけは風の噂程度に知っていたのですが、店頭で実物を目にしてしまうともうだめで、すぐにお姉さんに試し書きをお願いしていました。

ところで店頭には「限定100本」とのポップが並んでいましたが、これは間違いですよね?あとで胴軸の銀色のリングを確認したところ、1***/2007とシリアル番号が刻印されていましたので、今回の限定数は2007本で、100本という標記は何かの間違いだと思うのですが。

店頭にはペン先Fが1本だけでした。そもそもこのお店には1本しか入荷しなかった(仕入れなかった?)とのこと。つけペン状態で試し書きをしましたが、細い線がきれいに書ける、私的には問題のない1本でした。で、そのときのファーストインプレッションですが、「あれ、水性ペン?」と思うくらい「軽い」書き味でした。ペン先が小さいせいでしょうか。

IMG_0039

カートリッジインクはパイロットの「ブルー」を併せて購入しました。ただパイロットのブルーはなんだか他社のブルーとは色合いが異なりますね。ペリカンやラミーのロイヤルブルーよりも薄いです。セーラーのブルーはもっと濃い青だったので同程度だろうと思っていたのですが、ちょっと拍子抜けです。私の好みとしてはもう少し青い方がよいのですが。

さて初めてのキャップレスです。ペンクリップがかなり長めですが、これは握ったときのガイド役も兼ねているからなのでしょう。もっと書きにくいのかと勝手に想像していましたが、いい意味で裏切られた感じです。安物のボールペンにありがちな、ペン先がグラグラ揺れることもなく安定していて、ペン先はFですがペリカンのEFよりも細めではないかと思えるくらいの線が書けます。しばらく手帳用に使ってみようと思います。

この限定キャップレスですが、パイロットのWebで情報を見つけることができませんでした。そもそもキャップレスにも種類があるようで、ペン先が18金のものもあれば鉄ペンのものもあるようです。この限定オレンジはどっちなんでしょうね。

posted by pelikan at 12:23| Comment(4) | TrackBack(0) | パイロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天市場で万年筆を探す

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。