2007年08月27日

モンブラン No.146を譲ってもらったのですが...。

残暑お見舞い申し上げます。

実はお盆明けに知人の仲介でモンブラン No.146を譲ってもらったのですが、実際に手にしてみると現行のNo.146とはデザイン等が若干異なるようです。識者の方にいつ頃のものなのか教えていただければ幸いなのですが...。

IMG_0019

まず私でもすぐ気づく点が2つ。

まず現行のNo.146はニブが金と銀のバイカラーですが、この146は金一色です。ちなみにこのニブには有名な4810とモンブランのマークの中にMの刻印があります。その下には14C MONTBLANC 585の刻印もあります。

 次に首軸下のインク窓(?)です。現行品146はこのインク窓に縦縞が入っているようですが、この146には窓はあるものの縞がありません。

キャップの金リングの刻印を虫眼鏡で確認したところ、MONTBLANC - MEISTERSTUCK No 146 とあります。
"MEISTERSTUCK"の"U"はウムラウト付きで、"U"の両縦棒の上に点があります。また、"No"の"o"の下にはアンダーラインがあります。さらにクリップのリングに"GERMANY"という刻印もあります。

持ち主の記憶によると、4年ほど前に購入して数回しか使っていないとのことで、保証書も何も残っていないため、今となってはペン先のサイズもわかりません :-) もっとも実際にインクを入れて使ってみたところ、ペン先に異常や癖もなく、太さはEFまたはFといったところでしょうか。

もとの持ち主が中古で購入したとは思えないのですが、もしかするとたまたまデッドストック品を購入したのかもしれません。これ以上の質問を元の持ち主にすることが困難な状況なのですが、どなかた詳しい方、いつ頃の146なのか判別できるようでしたらアドバイスをお願いします。(ニセモノではないと思うのですが...)

それ以外(年代)は非常に良品で、初めてのモンブランを満喫しています。

posted by pelikan at 00:55| Comment(10) | TrackBack(0) | モンブラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

SHARBO X の替芯を買う

昨日愛用しているシャーボXの黒インクが切れてしまいました。使い始めたのが今年の3月1日ですから、約5ヶ月「もった」計算になります。もっともこればっかり使っているわけではないので、ジェルインクとしては長持ちした方ではないでしょうか。

さっそく会社を早めに出て、閉店間際の文具店に立ち寄り、リフィルを買い求めました。

今回はたまたま仕事の終る直前にインク切れしたので慌てませんでしたが、もし打ち合わせの途中にインク切れをおこしてしまうと困るので、リフィルは余分に鞄の中に入れて持ち歩こうと決心(?)しました。その意味で、黒のリフィルを2本(1本は入れ替え)、まだ切れていない赤のリフィルを1本購入しました。

以下、私の備忘録です :-)

「赤」だと思っていましたが「カーマインレッド」が正式名称のようですね。

posted by pelikan at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 複合ペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

LAMY サファリ 2007年限定モデル

2007年限定モデルとしてLAMY サファリのが発売されています。どちらもクリップ部分がシルバーで現行モデルと差別化されており、特に白は廃止モデルなのでそそられます。ただしは万年筆単体での発売に対し、はボールペンとのセット販売。また、サファリは探せばどの通販サイトでも定価より安く販売されているケースがほとんどですが、今回の限定モデルに関しては皆無(?)でしょうか。強気です。

 

ところで一部愛好家のWebサイトやブログでは、今回の限定モデルのBニブが話題になっています。国内正規流通のサファリには通常及び限定モデルにBニブの設定はありませんが、海外(おそらく本国ドイツ)ではサファリのBニブが存在するらしいのです。

色々情報を集めてみましたが、どうやら今回国内の一部の通販サイトで販売されているBニブモデルは、海外からの並行輸入モノのようです。

国内では廉価モデルにBニブというのは鬼門なのでしょうか。金ペンでもBニブの在庫を持つ店は多くないので仕方ないかもしれませんが、Bニブの魅力に取り憑かれた私も欲しくてたまりません。しかし、既にペリカンM205LAMY2000のBを手にしていますからこれ以上どうするのだという天の声が聞こえてきます。

なんてことを考えていたら、今日知人が通販サイトでBニブの黒をポチっとしたそうです。さていつまで我慢できるでしょうか...。

posted by pelikan at 17:29| Comment(2) | TrackBack(1) | LAMY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

万年筆クロニクル

ちょっと本業が忙しくて更新が滞っていました。

週末に届いた新刊 万年筆クロニクル。まだちょっと目を通した程度ですがかなりボリュームがあります。ちょっと万年筆の達人とかぶるような気もしますが、同じ著者(本書では共著)である古川浩一氏によるもです。

内容はクロニクル(年代記)にふさわしいもので、万年筆の歴史や構造、内外ブランドの物語、そして人物伝と豊富です。さらに共著のすなみまさみち氏のものだと思いますが、各時代のカタログや資料の数々は見ているだけで楽しくなってきます。

「辞書代わり」として愛好家には必須の書籍だと思います。

posted by pelikan at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

万年筆についてのコラム

実は私はIT従事者なのですが、Windows Server Worldという月刊誌にコラムの連載を持っています。

で、明日(2007年7月24日)発売の9月号では万年筆をテーマにしたコラムを書いています。

なぜIT雑誌で万年筆なのか、という疑問もあることでしょうが、編集部からITと直接関係のない現象や事象について空想的に"プログラミングする"という実に抽象的な依頼を受けておりまして、今までも「自動販売機の釣り銭切れはなぜ起こるのか」といった"わりと"真面目な主題や、「合コンでモテるにはどうすればいいのか」といった"くだらない"話まで毎月書いています。

本屋さんで立ち読みしていただければ :-) 幸いですが、このブログをお読みの皆さんにとってはくだらない、役に立たない話ですのでご容赦下さい。ただ、万年筆のことなんて考えてもなかった人たちの中で、少しでも興味を持ってもらえたらいいなぁと、思っています。

posted by pelikan at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

M910とM320 (特別生産)

万年筆専門店フルハルターさんの情報によると、7月下旬にトレドとM320の特別生産版の発売があるようです。以下、前述のWebからの引用です。

まずはトレドについて。

1.製品名 価格
M 910 レッド・トレド
¥180,000(税込み¥189,000)
ワンタイムエディション(1回限りの生産)です。

2.仕様
ペン先: ロジウム装飾18金 (M900/M800に同じ)
胴軸: 925シルバーに手彫り彫金
キャップ: 高級樹脂

3.販売予定数量
120本(国内)

4.発売時期: 平成19年7月下旬

次にM320のグリーンについて

1.製品名 価格
M 320グリーン 万年筆:  \35,000(税込み\36,750) 
M 320グリーン ボールペン: \25,000(税込み\26,250)
ワンタイムエディション(1回限りの生産)です。

2.仕様
ペン先: ロジウム装飾14金 (M300に同じ)
キャップ・胴軸: アクリルレジン

3.販売予定数量
M 320グリーン: 300本
K 320グリーン: 200本

3.発売予定日: 平成19年7月下旬

うーん、どうしますかね。トレドは「今のところ」興味がないのですが、M300系のM320には少しだけ気になります。

追記:
楽天市場にある高級万年筆の文栄堂さんで予約販売が始まってますね。M910M320。早い者勝ち?

posted by pelikan at 18:57| Comment(2) | TrackBack(0) | Pelikan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

インク工房で作ったインク

7月7日に三越松山店催されたインク工房に行ってきました。

IMG_0010 あいかわらず写真の腕が悪いのですが、上が「青に緑が入った色」という私のリクエストに石丸さんが調合してくれた色です。私は「蒼竹」と命名しました。万年筆に凝るようになって様々な青色を試してきました。ペリカンの濃淡の出るロイヤルブルー、ラミーのはっきりとしたブルー、そしてセーラーの濃いブルー、どれも気に入っているのですが、私の苗字に「竹」という漢字が入っているので、前々から竹のような青色があれば、と思っていたのです。ただし、私の思う竹の色は緑ではなく、青い竹。「どうぞこの色に名前をつけてください」と石丸さんがおっしゃるまで「竹」の話は黙っていたのですが、「こういう竹の色、ありますよね」という反応に内心ホッとしました。この「蒼竹」、書き始めは青いのですが、紙に染みこむとほんのりと緑がかった青に変身します。ただし染みこむと言っても裏写りしたりしません。

一方の「秋生まれ」は嫁のリクエスト。ボルドーの赤に濃い茶色を混ぜてもらったようです。名前がビールの銘柄みたいですが、本人曰く、自分が秋生まれなのでそう命名したとのこと。赤いインクが欲しかったらしいのですが、ただの赤では面白くないのでシックな色にしたそうです。

インク工房は今回初めて体験しました。石丸さんの衣装と道具はまさにカクテルのブレンダーで、話し込んでいると「昔やんちゃなときの経験が役に立った」なんてリップサービスでしょうが、そんな話もお聞きできました。

今回作成して頂いたインクは、セーラーのジェントルインクの瓶に番号付きのシールを貼って手渡されました。石丸さんはこの番号と「レシピ」を記録しているので、店で番号を申し出れば、たとえ石丸さんが全国どこに出張していても2週間程度で同じ色のインクを作ってくださるとのこと。そう言えばこの番号、日付をもとにシーケンシャルな数字で構成されていて、奇しくも07年の七夕の日の記念すべき(?)ナンバーになりました。 

posted by pelikan at 00:01| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

インク工房のはがきが届く

忙しくて、自宅に届いた「インク工房」のお知らせはがきを見逃していました。

明日から(7/7と7/8)三越松山店で「噂」のインク工房が開催されるようです。デパートに一人で行くのが嫌いな私は、嫁に同行を願うしかありません。高くつきそうな気がしますが...。

急なことなのでどんな色のインクを作ってもらうか考えなければいけません。今晩一杯ひっかけながら考えることにしようと思いますが、酔った勢いで「ビール色」とかにしないように気をつけます :-) 報告は後日。

posted by pelikan at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

Preppy

嫁がいつの間にか買って使ってました。

IMG_0005プラチナ万年筆の万年筆プレピー。"Preppy"という綴りなので「プレッピー」だと思っていた私はすでにオヤジなのかもしれません。覚えてませんか、プレッピー・ファッション...。

さてプラチナ万年筆のプレピー :-) ですが、万年筆だけではなくサインペン・プレピーや蛍光ペン・プレピーも存在するようです。どれも使い捨てではなく、万年筆とサインペンは共通のカートリッジ(ブルーブラックは万年筆専用)が用意されています。また蛍光ペンも別途専用のカートリッジがあります。

万年筆プレピーの定価は210円(税込)、カートリッジは2本入りで105円(税込)ですから、ペン本体は150円といったところでしょうか。でも書き味はたいしたものです。かなり軽めですが、細字のペン先は割れることもなく、かすれることもありません。面白いことに、ペン先を直角に紙面にあてても字が書けます。試しに裏にしてみましたが、これもOKです。廉価版とはいえ、さすがプラチナ万年筆、あなどれません。

このプレピーを嫁は近所のスーパーで購入したそうです。嫁が「普通」の万年筆に目覚めないことを祈るばかりです。

posted by pelikan at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

LAMY2000のBは太い

LAMY2000のBは予想以上の太字です。

LAMY200BペリカンM205のBよりも滑らかで滑りやすく、フローも太さも良い気がします。ニブの金と鉄の違いも感じられます。

もともと私は字が大きいので、Bなんて使うと書道みたいな大きさになってしまうのですが、つらつらと頭に浮かんだ構想をメモ書きするにはもってこいのペンですね。

なお、私が書く限りでは線の縦横で太さの違いはあまりないように感じられます。ただ、微妙な力のいれ具合で強弱を付けることはできるようです。

ちなみに左側の「松山市」がLAMY2000です。

噂に聞くところによると、ペリカンのスーベレーンになると同じBでもイリジウムの形状が異なるために、また書き味が違うとのこと。うーん、また悩みが増えてしまいそうです。 

posted by pelikan at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | LAMY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天市場で万年筆を探す

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。